AS/400の資産である適用業務プログラムやデータベースの
 棚卸しをします。
  − プログラムやデータを体系的に管理するための汎用検索・分析ツール −

・ソースプログラム、オブジェクトの状況を分析します。
・プログラムの相互関連を分析します。
・データベースの相互関連を分析します。
・使用命令語またはキーワードの分析をします。
 ※「IDAP410」は、「Power Analysis 400」と名称変更致しました。



主な機能

 
■データベース分析
 
  ・データベースのボリュームを調査します。
  ※オンラインもしくはバッチモードでの分析が可能です。

 
■ソース・オブジェクト分析
 
  ・ソースとオブジェクトの整合性を調査します。(ソースの無いオブジェクト、オブジェクトの無いソース等)
  ・未実行または、一定期間実行されていないプログラムを調査します。
  ・ソース・オブジェクトの作成/更新日および、ステップ数を調査します。
  ※オンラインもしくはバッチモードでの分析が可能です。

 
■キーワード使用頻度分析
 
  ・RPGやCOBOLの命令語、DDSキーワード、CLコマンドの使用頻度を調査します。
  ※オンラインもしくはバッチモードでの分析が可能です。

 
■帳票出力
 
  <ソース・オブジェクト分析明細表>
   ・ソースごとに、ソースとオブジェクトの整合性、ソースの行数とコメントの行数、ソースの
    最終更新日、オブジェクトの作成日、オブジェクトの最終使用日等が出力されます。
 
 

 
  <データベース分析明細表>
  ・データベースごとに、レコード件数、DBサイズ、キーサイズ等の明細内容が出力されます。
   ライブラリーごとに、物理ファイル数、論理ファイル数、データサイズ等が出力されます。
 
 

 
  <プログラム相互関連表>
  ・オブジェクトタイプ別に、参照しているプログラム名が出力されます。
 
 
 
 
 

 
  <データベース相互関連表>
  ・プログラム別に、どのようにデータベースに対してアクセスしているか(入力・出力・更新)が出力されます。
 
 
 
 
 

 
  <キーワード使用頻度表>
  ・RPGやCOBOLの命令語、DDSキーワード、CLコマンドの使用頻度を出力します。
 
 

 
■EXCEL出力
 
   ・各出力帳票をEXCELにて出力することも可能です。
 
 



システム要件
 
 
ソフトウエア条件
AS/400
OS/400 V4R3以降




お問合せ
 
 
パンフレット及び価格表をご希望の方は、下記お問い合わせにて御連絡下さい。
 
 
 


 ■Copyright 2001-2005 I&C Corporation. All Rights Reserved.